発明協会について

群馬県発明協会の概要

 一般社団法人群馬県発明協会は、発明の奨励、知的財産権制度の普及啓発等を行うことにより、科学技術の振興を図るとともに、会員相互の交流を通じて地域の産業経済の発展に寄与することを目的としております。
また発明協会は社団法人発明協会を中核として全国の道府県にそれぞれ1箇所づつ道府県発明協会が設置されておりますが、本県の特徴として、県内各地域にそれぞれ地域の発明協会(9つ)が設置されており、東京の社団法人発明協会、一般社団法人群馬県発明協会、県内各地域発明協会が密接な連携のもとに各種事業を実施していることです。また他の道府県発明協会とも連携しています。
群馬県発明協会は、大正14年11月に社団法人発明協会の群馬県支部として発足して以来、発明の奨励と知的財産を活用した産業技術の振興を目的に活動を続けてまいりましたが、公益法人制度の改革に伴いまして、この度、群馬県支部の事業を承継して、一般社団法人群馬県発明協会を設立し、独立した組織として再出発したところであります。
知的財産の有効活用は、地域の産業振興にとってますます重要になるものと考えております。当協会は、知的財産活用に関する様々な取り組みを展開することで群馬県の知的財産活用支援の中核的組織となりますよう努めてまいる所存であります。皆様におかれましては、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成23年10月吉日

会 長  金子 正元

 

役員の構成

会長(代表理事) 金子 正元 (高崎発明協会会長:(株)キンセイ産業代表取締役)
副会長(理事) 野口十九一 (富岡発明協会会長:(株)野口製作所取締役会長)
理 事 金井 正直 (前橋発明協会会長:金井金属工業(株)代表取締役)
理 事 阿久戸庸夫 (桐生発明協会会長:(株)ミツバ取締役相談役)
理 事 小暮 高史 (館林発明協会会長:(株)館林うどん代表取締役)
理 事 三橋新太郎 (渋川発明協会会長:渋川ガス(株)代表取締役)
理 事 古川 隆司 (太田発明協会会長:(株)古川製作所代表取締役)
理 事 高橋 行男 (藤岡発明協会会長:NPO法人おかげさん工房代表)
理 事 杉原 俊夫 (伊勢崎発明協会会長:杉原エス・イー・アイ(株)代表取締役)
理 事 鬼形 尚道 (群馬県工業振興課長)
理 事 宮下 喜好 (群馬産業技術センター所長)
常務理事 眞下 寛治 ((一社)群馬県発明協会事務局長)
監 事 羽鳥 亘 (前橋発明協会副会長:日本弁理士会関東支部幹事)
監 事 熊谷 和廣 (高崎発明協会副会長:PaDeT SNW代表)

 

 

所在地

住所 〒379-2147
群馬県前橋市亀里町884番地1
群馬県立産業技術センター内
TEL 027-287-4500
027-290-3070
(総合支援窓口直通)
FAX 027-287-4501

アクセス

■最寄のバス停:JR前橋駅(北口)発 永井バス 新町玉村線、下川団地線「産業技術センター前」バス停