群馬県知財総合支援窓口

中小企業等が企業経営の中で抱えるアイデア段階から事業展開までの知的財産に関する悩みや課題を一元的に受け付け、知的財産に携わる様々な専門家や支援機関と共同してその場で解決を図るワンストップサービスを提供する「知財総合支援窓口」が、平成23年4月から全国に設置されました。

群馬県においては、一般社団法人群馬県発明協会内に設置され、4人の窓口支援担当者が、無料で次の支援を行います。

 

当協会の窓口支援担当者 神林 賢蔵 高橋 俊幸 五十嵐 雅夫  荒木 正弘

 

●窓口に配置する支援担当者が、中小企業等の知的財産に関する悩みや課題をその場で解決支援

(知的財産権制度の説明、電子出願用端末を設置して電子出願を含めた出願等の手続支援、知的財産に関する各種支援施策の紹介・説明なども行います。)

※電子出願の際には、必ず電子証明書をご持参ください。

●高度な専門性を必要とする内容は専門家を活用し、窓口支援担当者と共同して解決支援

●知的財産を有効に活用していない中小企業等を発掘して、より多くの中小企業等の知的財産活用を促進

詳しくは、知財総合支援窓口「知財ポータル」をご覧ください。

 

知財総合支援窓口 直通電話 027-290-3070

 

知的財産に関する専門家(弁理士、弁護士)無料相談

特許庁は、日本弁理士会及び弁護士知財ネット(日本弁護士連合会)と協力して、平成26年4月から、中小企業向けのワンストップ窓口である「知財総合支援窓口」に、知財の専門家(弁理士及び弁護士)を定期的に配置し、知財に係る中小企業支援を強化します。

特許庁報道発表内容はこちら

ご希望の方は前日までにお電話でお申し込みください 027-290-3070 

毎週木曜日、月3回火曜 13:00~ 14:00~ 15:00~

11月1日(火) 大竹 雅久 弁理士

11月4日(金) 稲村 悦男 弁理士

11月8日(火)岡田 義敬 弁理士

11月15日(火)柿原 希望 弁理士(商標・意匠・著作権)

11月17日(木)松下 浩二郎 弁理士

11月22日(火)松下 浩二郎 弁理士

11月24日(木)小林 智昭 弁護士

12月1日(木) 稲村 悦男 弁理士

12月6日(火) 大竹 雅久 弁理士

12月8日(木)柿原 希望 弁理士(商標・意匠・著作権)

12月13日(火)岡田 義敬 弁理士

12月15日(木)松下 浩二郎 弁理士

12月22日(木)小林 智昭 弁護士

12月27日(火)松下 浩二郎 弁理士

1月以降はお問い合わせください。

 

支援事例の掲載

当窓口で支援した事例の中から、参考事例を掲載します。

支援事例1(社内技術の特許化)

支援先企業: 株式会社中沢工業所(高崎市) http://www.nexus-n.co.jp/top.htm

支援事例2(アイデアの商品化)

支援先企業: アイ接骨院(沼田市)

支援事例3(新商品の知財権保護)

支援先企業:有限会社アオキ塗料(前橋市)http://www.aoki-toryo.co.jp/

 

リーフレット3

 

リーフレット4